下半身の脂肪を落としたい

セルライトができる原因を理解しよう

燃えやすい脂肪とは

同じ脂肪ですが、質は一人一人違います。 燃えやすいのも燃えにくい脂肪もあります。 私は自分が燃えにくい脂肪でしたので食事制限のダイエットの効果があまり出ませんでした。 この体験から脂肪には燃えやすいのと燃えにくいのがあることが分かりました。 これは、とても簡単な見分け方です。 自分のおなかをつまんでみて、ふとももやふくらなどの下半身はぎをつまんでみます。

太ももやふくらの下半身はぎがおなかよりも硬かったら燃えにくい脂肪です。 私もふくらはぎがとても固くてなかなか食事制限をしても運動しても細くはなりませんでした。 それもそのはず、固い脂肪の場合、それはむくみで固くなっている場合がとても多いのです。 下半身のむくみとは、本来なら排出しなければならない水がリンパ管からしみだして体内に残っている状態です。

水はたくさん残る場合、分子がくっついて大きな水分子になってしまうのです。 だから、リンパ管に入らなくなってしまいます。 そういう水分がたまると硬くなるのです。 水がたまって脂肪が固くなるというのを実感したのは、寒いときにふくらはぎが固くなるということに気がついてからです。

つまり私の足は水を排出しないと細くならないというわけです。 だから食事制限や運動などで痩せないということがわかりました。 こういう固い脂肪を落とすためには脂肪をやわらかくしないといけませんからお風呂に入ってマッサージなどが効果がありました。 下半身の固いところは温めてからつまむようにゆっくりもんでいくと見違えるようにやわらかくなりました。

やわらかい部分の脂肪は燃焼しても食事を減らしてもすぐに効果がありました。 私の場合は上半身は比較的やわらかく下半身は固いので、食事や運動だけでうは上半身だけ痩せて下半身が変わらないというバランスの悪い体になってしまいました。 私のような方はこういう方法が効果的だと思います。

セルライトを燃焼させる

女性の8割はあるといわれています! 下半身のお肉をひねってみてボコボコが浮き出ることはありませんか? 私はすごく浮き出て、びっくりしました。 このボコボコしたものが、実は『セルライト』と言われるものです セルライトがあると運動しても食事制限をしても痩せることはないといわれていますが、まさにそうで、食事制限などをすればするほど胸だけ痩せて、下半身は変わらない状態でした。

どんどん体のバランスが悪くなってこれは食事や運動では落ちないものだということを実感しました。 セルライトとは、体から排出するべきリンパ液や老廃物が体内に残って脂肪細胞の周りに絡みついた状態です。 一般的にむくみがひどくなるとセルライトになるというとこですが、セルライトになると、脂肪細胞の周りに老廃物がびっしりついてしまうため脂肪細胞は脂肪分解するホルモンを脂肪細胞が『受信』しないと運動しても食事を減らしてもその部分の脂肪が減ることはありません。

逆に、セルライトのない部分に脂肪分解ホルモンが言ってしまいます。 体でセルライトがない部分といえば、胸ですから、だから私の場合は胸だけ減って下半身は変わらなかったのです。 セルライトも燃焼しないと自分では難しいので、エステなどでマッサージをしてもらうことをおススメします。 でも、私みたいにどうしても自分で落としてみたいという人はすりこぎ棒みたいな棒で面を伸ばすように足をゴロゴロしてみました。

お風呂で体を温めてからゴロゴロしてボコボコをつぶすようにマッサージしました。 時間はかかりましたが、少しずつやわらかくなって行きました。 やわらかくなったらすぐにやわらかい部分を筋トレして引き締めていきました。 面白いもので、脂肪が柔らかくなったら筋肉もつきやすくなったし、サイズが減りやすくなりました。 セルライトのある足をただマッサージだけしているとやわらかくなりすぎてぶよぶよになりますからコツは筋トレをして引き締め的ということだと思います。

ベルトでダイエット〜ゆがみ解消にどうぞ

骨盤がゆがんでいると下半身デブの原因になるって知っていましたか? 私は自分がO脚で足と足の間に野球ボールが挟まるほどでした。 体にゆがみがあると血行が悪くなり、リンパ節の部分に老廃物がたまって太くなりやすいと言われています。 でも、これは本当で、私はひざや太ももの付け根部分が太かったです。 しかも、骨盤が横にずれているとお尻が大きくなります。

それ以外にも肩こりや腰痛などいろんな部分に影響を与えます。 このゆがみですが、実は本当に簡単な方法でよくなります。 私も聞いたときは信じられなかったのですが、実践してみて、野球ボールが通るほどのO脚が、ほぼ膝と膝がくっつくようになりましたし、 ゆがみが解消されると生理痛が改善したり、むくみにくくなったりといろんないい影響があります。

私が実感したのはひざが小さくなったし、むくみにくくなりました。 このゆがみ改善方法は以下の通りです。 ゴムのベルトまたは、腰の悪い人がつけるコルセットのような骨盤を固定できるベルトを骨盤部分に巻きます。 そして、時計回りに腰を回す 30回。 その次は反対回りに腰を回す 30回。 これだけです。

私は朝晩に歯を磨きながらこれを実践しています。 骨盤を固定して回すと骨盤のゆがみがとれるそうです。 骨盤のゆがみがとれると姿勢が正しくなり、正しい部分の筋肉を使うようになります。 そうすることによって血行改善などの効果があり代謝も上がるということです。 しかし、こんな簡単な方法で効果が出るので、びっくりしました。

わたしは母が腰痛持ちなので腰が痛いときにつけるコルセットを借りてやりました。 インターネットで検索したら骨盤ベルトという商品もあり、お値段が張るものもたくさんありました。 しかし、特にそういうものでなくても効果がありました。 私の友達は骨盤部分に手ぬぐいで固定していました。それでも効果があったそうです。