ダイエットの停滞期について

食事とお茶の組み合わせが一番

寒い季節にお勧めの鍋ダイエット

鍋料理って料理って言っていいのかどうかわからないくらい簡単な料理ですが、ゆでることによってお野菜もたくさんいただくことができるし、お肉なども湯通しすることによってカロリーダウンができます。簡単な方法ですが女優さんもモデルさんもやっているそうなのでぜひともやってみてください。私はキムチが大好きなのでキムチベースの鍋をたくさん作りましたが鍋の材料はお好みでいいと思います。

キムチは基本的になんでも合いますがもやしや白菜などのお野菜がよく合います。お肉は豚肉が合います。ダイエット目的ならお肉は赤身の脂肪分が少ないものを選べばいいと思います。大根やショウガなども意外とおいしくいただけます。こういう根野菜は体を温める効果もありますからキムチ鍋をちょっと温かい時期に食べると汗をびっしょりかきます。このおかげで停滞期も乗り切ることができます。

実は食事もカロリーを消費する行為の一つで一日の消費カロリーの10%が食事によるものだと言われていますしかし、最近は温かいものを食べなくなったので、この『食事によるカロリー消費』の割合が落ちてきている人も多いそうです。しかし、鍋料理は基本的に体が温まりますし野菜をたくさん食べてお腹がいっぱいになりますが、カロリーとしてはかなり低く抑えることができます。

できれば塩分を控えたほうがいいのであまりスープは飲まないほうがいいと思います。残念なのは夏の時期は『鍋のもと』を販売しなくなりますので少し買いだめしておいてもいいと思います。毎日同じ料理ですが、味付けを変えれば、また違う料理のようになりますし、野菜は旬のものでも十分冬に販売されている鍋のもとであいます。

私はコラーゲン豆乳鍋が好きでこれを食べると翌日にはお肌がつるつるするような気がします。三食鍋でも大丈夫でした。友達の結婚式など目標が決まっていてそれまでに痩せたい時などにお勧めです。最近は一人用の鍋なども販売されていますから一人暮らしの方にもいいと思います。 ダイエットの停滞期は誰でもあります。その停滞期をどのように過ごすかが重要です。

痩せるお茶で成功体験と失敗体験

何年か前にお茶で痩せるというダイエット法がブームになり、私もお友達が成功したお茶でダイエットをしようとお茶ダイエットを試したことがあります。そのお茶は減脂茶というお茶で今でもたぶん販売していると思います。友達は食事前にこのお茶を2〜3杯飲んでから食事をしたら5キロやせたというのです。ですから、私も試してみましたが全く痩せませんでした。

それどころか停滞期に3キロ太ってしまい、肌がパンパンになってしまいました。しかし、それから何年か後に今度は友達から海外旅行のお土産でもらったプーアール茶を飲んだら今度は3キロ痩せてお茶で痩せるわけではないと思ってい私にとっては衝撃でした。どうして前者のケースで停滞期で失敗したのに後者ではうまくいったのかを自分なりに考えてみました。

減脂茶の場合はお茶を近々に冷やしていたのです。というのもその当時の私は冷たい飲み物が大好きでこのお茶もまずいということもあり近々に冷やしてさらに氷まで入れて飲んでいました。また、痩せるお茶を飲んでいるという安心感からかたくさん食べていたような気がします。それに対してプーアール茶の場合は自分にとっておいしいと感じるお茶だったので温かくして飲みました。

また、おいしいお茶を飲んだという満足感からか食欲があまり刺激されなかったということもあると思います。冷えているものを飲むと、代謝が下がるということを最近になって知り、なるほど〜と納得しました。また、冷たいものは甘さを感じにくくなるので冷たくて甘いジュースにはたくさん糖分が含まれています。

やはり、冷たいものばかり食べていたときは濃い味付けばかり食べていたような気がして、ダイエットの停滞期にイライラしました。温かいものを中心に食べるようになってからはうす味でも味を感じるようになり、それもダイエット効果につながったのかもしれません。

SNSを利用した停滞期を抜け出して成功した方法

私はSNSにはいろんなコミュニティーがあり、その中にダイエットに関係するものもたくさんあります。こういうコミュニティーに入るのもすごくダイエットのモチベーション維持に役に立ちますので、ご活用いただければと思います。ただし、自己責任でお願いします。(笑)私は書き込みはしませんでしたがダイエットのコミュでみんながダイエットについて書いているのを読んだりダイエットレシピを参考にしたり反省したりしているトピックスを読んだりして、自分一人が失敗しているわけじゃないと思って、停滞期にはすごくモチベーションが上がりました。

成功体験もそうですが、失敗体験がとても勉強になりました。停滞期といってダイエットをしていると痩せなくなる時期というものがあります。これは、急激にな痩せすぎると体が本能的に守る方向に行って代謝が急激に落ちてしまう状態です。ちょうど5キロくらい痩せるとそういう状態に陥る人が多いのですが、私もちょうどそれくらいで停滞期になりました。

その時期は精神的にかなり落ち込みました。そういう時期にダイエットの成功例だけではなく失敗例を読んでおいたのはよかったと思います。失敗している人は停滞期にどうせ落ちないからと飲みに行ったりドカ食いして戻ってしまっていました。停滞期を乗り越えればよかったという書き込みをたくさん見てああ、みんなも停滞期に苦しんでいるんだ〜。と、自分一人大変なわけじゃないから頑張ろうと前向きな気持ちになりました。

そのコミュニティーには停滞期にお勧めの方法なども書いてあって『ハーブティーを飲む』というのをおススメしている方もいて私はレモンのハーブティーやローズのハーブティーなどを飲んでいました。ダイエットしているときは味覚も敏感になりますからハーブティーの甘さやおいしさを感じることもできてストレス解消になりました。(もちろんノーシュガーです)

そうこうしているうちに停滞期を抜け出したのかまた、すこしずつやせてきました。停滞期はだいたい一ヶ月くらい続くと言われていますがその時のモチベーションを維持させるか否かにダイエットの成功がかかっていると言っても過言ではありません。そういう時は気分が沈みやすいので他の人の体験談などを読むと、すごく自分が慰められていいと思いました。